アルカス感動工房|富山|ダブル断熱|自然素材|生体エネルギー

 

基礎について

 

ベタ基礎と基礎パッキン工法

ベタ基礎と基礎パッキン工法
 
ベタ基礎
アルカス感動工房では、鉄筋コンクリートによるベタ基礎工法で施工しています。
基礎は建物の重量や地震・台風などの外力をしっかりと地盤に伝えるという重要な役割を持っています。
地盤に施工された鉄筋コンクリートの面全体で建物を均等に受け止めて力を分散するので、地面に沈みこむ力を小さくすることができます。
厚さ150㎜の土間コンクリートのベース全面に太さ13㎜の鉄筋を200㎜ピッチで配列します。
この高い剛性の基礎とホールダウン金物、アンカーボルトで柱や土台と強固に緊結された構造体が、大切な住まいを力強く支えています。
 
基礎パッキン工法(床下)
床下換気には基礎パッキン工法を採用しています。
基礎パッキン工法とは、厚さ2cmほどのポリプロピレン複合材である基礎パッキンを、基礎と土台の間に一定間隔で挟み込んでいく床下換気工法です。土台が基礎コンクリートから浮き上がった状態となり、その隙間から床下の換気が行われます。
従来工法のように基礎コンクリートに床下換気口を開けないため、基礎工事部分の強度を損いません。そして、従来の工法では換気できない床下の入り組んだコーナーの隅々まで、湿気を残さず排出し乾燥した床下状態を保ちます。
土台となる木材がコンクリートに接していると、空気が触れずにコンクリートの湿気を吸収して土台が腐りやすくなり、シロアリが好む状態をつくりだしてしまいます。
そのために、基礎と土台の間にパッキンを設置して、土台の乾燥状態をシロアリが生息しにくい床下環境をつくるのです。
 

ベタ基礎と基礎パッキン工法の主な特徴

ベタ基礎と基礎パッキン工法の主な特徴
 

ムラのない全周換気でコーナーの隅々まで換気します。

 

床下の乾燥状態を維持し、腐朽菌の発生を未然に防ぎます。

 

土台がコンクリートの水分を吸収するのを防ぎます。

 

土台の腐れを防ぎ、シロアリが生息しにくい床下環境をつくります。

富​山​支​店​
アルカス感動工房
【富 山 支 店】
〒930-0177
富山県富山市西二俣613
TEL:076-436-1812
FAX:076-436-1811

─────────────
1.ダブル断熱
2.生体エネルギー
3.自然素材
4.健康住宅
5.エコ住宅
6.シックハウス対策
7.魔法の家
8.スーパーラジエントヒーター
─────────────
<<アルカス感動工房>> 〒930-0177 富山県富山市西二俣613 TEL:076-436-1812 FAX:076-436-1811